風情漂う歴史と伝統の町

飛騨高山は江戸時代以来の城下町や商家町が保全されており、その景観から飛騨の小京都と呼ばれています。また、仏ミシュランの実用旅行ガイドでは必見の観光地として3ツ星を獲得しました。是非、一度足を運んでみて下さい。

飛騨高山の味覚

郷土を感じる山の幸や飛騨の隠れ名産である海の幸など、四季折々で楽しめる高山の味覚をお楽しみ下さい。うな信では、観光客の方に少しでも高山の魅力を感じてもらえるよう、うなぎだけでなく、地の物を取り入れた料理を、少しではありますがご用意致しております。どれも“美味しい”と人気でおすすめです。

北陸魚津直送のカニをたっぷりと使ったカニコロッケはこちら

高山の観光スポット

高山陣屋

全国で唯一残っている郡代、代官所として有名です。 豊富な山林資源や地下資源に目をつけた幕府は、飛騨の国を直轄領とし、政治などを行ってきました。江戸時代の面影を一目見ようと、高山陣屋へ訪れる観光客は後を絶ちません。

詳しくは高山陣屋のWikipediaページを御覧ください。

日下部民芸館

江戸時代の面影を残す商家の古建築。 昭和41年、明治建築の民家として初めて国の重要文化財に指定され、以後民芸館として一般に公開されております。 “むかしのひとのくらし”を知ることや、美しい建築様式を見ること、好奇心を掻き立てるような民藝館を楽しみ下さい。

詳しくは日下部民藝館のホームページを御覧ください。

宮川朝市

白いテントと元気の良い売り声。地方の方言にも触れられる楽しいひと時と飛騨特産の果物、飛騨高山伝統野菜などの販売されています。季節によって、市場に並ぶ品物が変わり旬なものが顔を並べます。四季折々の宮川朝市に訪れてみてはいかがでしょうか。

詳しくは宮川朝市のWikipediaページを御覧ください。

ページの先頭へ戻る